厳選☆おすすめ医学部予備校in東京

医学部向けの予備校は小論文や面接対策があるところ

トップページ > 東京にある医学部の予備校について > 医学部向けの予備校は小論文や面接対策があるところ

医学部向けの予備校は小論文や面接対策があるところ

大学入試においてはいくつかの方法が用意されていて、冬に行われるのは一般入試になります。
多くの学校においては主に学力考査を中心とした選抜がされ、いかに本番の試験で得点を取れたかで合否が変わってきます。
一方一般入試以外に推薦入試やAO入試と呼ばれるものもあり、こちらは人物評価を取り入れた入試方法になります。
高校における学業の成績を加味したり、高校時代の活動を評価、さらに小論文や面接、学科試験などを課して総合的な判断で合否が判定されます。
一般入試に比べると学科試験のウェイトが低く、受験生としては勉強の負担は少なくなります。
一方で学科試験以外の部分で他の受験生よりも優位性を持っている必要があり、一般入試とは異なる対策をきちんと取っていないと合格することができないかもしれません。


医学部に進学をするにしても一般入試の他推薦入試なども利用できます。
ただし現役時代に合格できなかった人はそれ以降は一般入試を通して合格を目指す人が多いでしょうから、いかに本番のテストで評価されるかが大事になります。
では医学部の入試の仕組みがどうなっているかですが、他の学部と多少違いがあるので注意が必要です。
他の学部の一般入試は学科試験のみが多いですが、医学部の一般入試では学科試験の他に面接や小論文を科目に課しているところが多くなります。
せっかく学科試験で合格レベルに達していても、面接などでうまく対応できないと評価が下がって不合格になってしまうかもしれません。
合格をするためには面接などの対策もしておく必要があり、東京で予備校を選ぶならどちらにも対応したところを選ぶ必要がありそうです。


医学部合格をするためには各学校の傾向対策が必要で、学科試験における傾向対策なども行われます。
一定の学力がついてくれば、それ以降は志望校の傾向対策をすることになりそうです。
そして学科試験だけでなく面接や小論文においてもそれなりに傾向があります。
どの学校でもよく質問される内容であったり、ある学校でよく質問される内容などがあり、知っておけば事前に考えをまとめて的確に答えることができるでしょう。
小論文に関しても出題されやすいテーマなどがあれば事前にそのテーマを元に文章を作成する能力が養えるので、一発勝負でいきなり文章を書くよりも評価を得やすくなるかもしれません。
予備校においては対策をしてくれる時にきちんと採点をしてもらえます。
問題点があると気に指摘してもらえるので、失敗を減らせるでしょう。

次の記事へ

カテゴリー