厳選☆おすすめ医学部予備校in東京

医学部を目指すモチベーションが保てるかどうか

トップページ > 東京にある医学部の予備校について > 医学部を目指すモチベーションが保てるかどうか

医学部を目指すモチベーションが保てるかどうか

医師は非常に重要な職業で、国としても養成するための機関を全国に配置しています。
ただ医師の技術は非常に高度なので、一度に多くの学生を指導をするのは難しくなります。
多くの国立大学などで医学部がありますが、定員は100名程度のところが多く他の学部に比べると狭き門と言わざるをえません。
国公立以外に私立大学もありますがこちらも事情は変わらないでしょう。
何百人もの生徒に高度な技術を提供するのは難しいのでどの学校でも100名を少し超える程度の定員になっています。
全国的に見ればそれなりの人数が新たに医学部生になることができますが目指す人のレベルも高いため簡単に合格できるわけではありません。
ストレートで合格できる人もいれば、10年近く浪人を繰り返しても合格できない人もいるとされています。


東京で医学部を目指すときに予備校を選ぶことになりますが、何を基準にして選べばいいか迷うかもしれません。
もちろん合格のためのカリキュラムがあり、レベルの高い講師陣からの授業が受けられることも大事になります。
それ以外として勉強を続けていくためのモチベーションを保たせてくれるかどうかがあります。
学生によって学力が異なるのでどれくらい勉強しないといけないかは変わるでしょうが、1年間起きている間は勉強漬けでも合格が難しい時があります。
それでも勉強をしなければ成績が落ちるので、歯を食いしばって勉強しなければいけません。
自分一人で頑張ろうとしても続けられないときもあり、最終的には別の進路を目指す人もいるようです。
一方モチベーションを保たせる仕組みのある予備校なら頑張り通せるかもしれません。


高校には各教科の先生以外に担任や生活指導、進路指導などの先生がいます。
授業以外で相談がある時にはそれぞれの先生に相談ができます。
予備校にも各教科の先生の他にチューターと呼ばれる担任のような対応をしてくれる人がついてくれます。
その他ある予備校ではカウンセラーが常駐していて、心の悩みがあるときなどにアドバイスをしてもらえたりします。
それぞれの生徒は自分なりに頑張って勉強するのでしょうが、なかなかそれが結果に出ないときがあり勉強している意味を見失いかけるときもあるでしょう。
相談できるチューターやカウンセラーがいるところであればその時に何をすべきかなどを教えてくれるでしょう。
教科を担当する講師以外のスタッフが充実しているところであれば、勉強を頑張って行けるかもしれません。

次の記事へ

カテゴリー